でも、もうちょっと言葉を大事にしてほしいかも

何か頭痛いー

と、お姉ちゃん。

熱はなく、冷えピタ貼って様子見。

体はしんどくないようで、晩ごはん手伝うと、台所に立ってくれました。

カボチャのそぼろあんを作ってくれるそうです。

そしたら、あー!調味料の分量間違えたかもー!と大騒ぎ。

確認したら、大さじと小さじがゴッチャになっちゃったみたいでしたが、間違ってはなかったようで、安心してました。

そしたら、妹が

どうしたん、お姉ちゃん!目が眩んだか?!

目が

眩む?

目が眩む

めまいがする。

あることに夢中になって、よい悪いの見境がつかなくなる。

例お金に目が眩む

妹の国語辞典より引用

多分、多分のつもりやったんかなぁ

でも、目が眩む?!と笑った母に、

え〜!?目が眩むって、どういう意味?

何も考えんと言ったな

ホント、適当に言葉を発する妹です。

そして、今、テレビの情報番組を見ながら

え〜、白浜って何県?沖縄?

海がある所を全部沖縄やと思ってるのかしら。

妹の残念発言集作ったら本ができそう。