日本国憲法9条条文と自分なりの解釈

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。         

※解釈上色んな見方が有るが、自分なりに正確に文章を読むと       

   

国際紛争の解決手段として、国権の発動の戦争(武力による威嚇、武力の行使)は永久に放棄する そのための交戦権は認めない。

※(そのための交戦は認めない)とは、国際紛争の為の武力行使は認めない。と言っているのである。  

だから日本から仕掛ける戦争は永久放棄と言える。だが相手からしてきた戦争(武力行使)には反撃も防衛も可能である。と解釈できる。  

どの戦争も全て禁止してるとは書いていない。武力攻撃に反撃すらもしないとは書いていない。この憲法は実によく出来ている。解釈で無理矢理変えている自民党だが、正確に読めば国内戦だけに限定されて居るのは明白だ。 

確かに、相手が宣戦布告したなら相手国に攻撃したくはなるが、紛争は国際が見ている。相手国も攻撃したら世界が黙ってはおかないのです。

直接連絡取れず半年経過

今思えば、向こうに弁護士がついた時点でもうすぐに決着をつけててもよかったかもしれない。でもその時はこちらは必死に修復を試みていたから諦めるという決断はできてなかった。結局は今と同じだったような気もする。

弁護士がついたその時点で直接向こうと連絡を取ることがダメになってしまい、説得もできなくなってしまった。双方の弁護士を介したこちらからの説得なんて無理である。でも、直接連絡が取れても結果は変わらなかったような気もする。

向こうと直接連絡が取れなくなって半年以上が経過した。そして9月会っていない。籍だけは入っているが、もう完全な他人である。それを、まだ修復できるかもしれないと思っている自分がいる。しかし、実際はもう無理なのはわかっている。悔しくて仕方ない。

今もし連絡が取れたとしたらこんな感じであろう。

私もう一度やり直すことはできるか

向こう絶対ありえない

私息子のことを考えてもありえないか、父親は必要と思うが

向こうあんたなんかいないほうがいい、息子の成長のためによくない

私せめて少しは息子に会いたい

向こうきらいなあんたに会わせたくない。裁判所が何と言おうとも会わせたくない

私息子のために色育児とか手伝ってあげてたのに

向こうそんなの知らん

とにかく嫌われている。どうしようもない。もうそれならこちらから、もういい、別れてやると言うほうが楽かもしれない。弁護士とまた相談しよう。

1/14AKB4816期生コンサート君の名前を知りたい

どうも、なっちゃんです

まずは16期コンの方の感想などを書いていこうと想います。これ読んだら成人コンの方も読んでくださいね?()

1年前もこんな写真撮りましたね。エモい。

スタフラの写真も撮れたから載せときます。

席はアリーナ9列。

1番端の2連番でした()

セットリストはスクランブルエッグ編集長さんのやつ引用させてもらいました。

その中にちょいちょい感想入れていくスタイルにしたいと想います。

影アナ安田叶、武藤小麟

M017時12分の初恋

M02RUNRUNRUN

音声出演村山彩希横山由依

M03偉い人になりたくない

M04Dearmyteacher

開幕のダッフルコートみたいなやつ着てる香織ちゃんめっちゃ可愛かったな?

RUNRUNRUNと偉い人になりたくないでフリコピしようとしたら全然違うフリでフリコピやめたヲタクどれだけいますか?()

村山さんの声可愛かったから何でもいいけど(?)

MC宮崎美穂音声進行あり

M05ボーイフレンドの作り方

M06Beginner浅井七海、黒須遥香、庄司なぎさ、鈴木くるみ、田口愛佳、前田彩佳、道枝咲、安田叶、山内瑞葵

MC

M07野菜シスターズ稲垣香織、梅本和泉、佐藤美波、田屋美咲、長友彩海、播磨七海、本間麻衣、武藤小麟、山根涼羽

野菜シスターズエモないか?

香織ちゃん可愛かった。以上。

MC浅井七海、田口愛佳、本間麻衣、武藤小麟、山根涼羽、田屋美咲、佐藤美波、鈴木くるみ

DJ長友彩海、稲垣香織

かおみんの放送部のくだりめっちゃ面白くて声出して笑ったw

やっぱこの2人なんすよ。

M08鏡の中のジャンヌダルク山内瑞葵、庄司なぎさ、黒須遥香、梅本和泉、播磨七海

いや、山内瑞葵ちゃんかっこよすぎか。

震えた。

M09エンドロール山根涼羽、安田叶、武藤小麟、前田彩佳

イントロ流れた瞬間ぶん出てこいって思ったらちゃんといた。しかも優子ポジやったよな?

またしてもぶんのパフォーマンス見て好きになってしまった(誰かさんに潰されるから始めません)

M10キャンディー稲垣香織、長友彩海、本間麻衣

イントロ流れてこれ香織ちゃんあるか?って思ったらセンターでシンプルに頭抱えた

しかもセンター可愛すぎよ。

かおみん同じユニットならナツキ会とかツイートしなくて良かったです。

本日の優勝でした。

M11フィンランドラクル道枝咲、佐藤美波、田屋美咲

くそ久しぶりに聞いたけど、ラムネ公演大好きだからくそ沸いた。

M12アボガドじゃねし田口愛佳、鈴木くるみ

メンツ見て推しはガムって言ってる人しか思い浮かばんかった。

M13夜風の仕業浅井七海

やっぱ歌声好きだった。堂と歌っててかっこよかった。

MC

M14チーム坂

MCで部活みたいなこと言ってたからチーム坂しかないな?って思ってたらドンピシャ(それはそう)

遅れることなくイントロの上指差すやつできた満足。

M15君はペガサス田口愛佳、田屋美咲、播磨七海、武藤小麟、安田叶、山内瑞葵、山根涼羽前3人がボーカル、後ろの4人がダンス

16期合宿まだ全部見てない話するか?()

これ見て合宿全部見ようと思いました()

M16夢へのルート浅井七海、稲垣香織、梅本和泉、黒須遥香、佐藤美波、庄司なぎさ、鈴木くるみ、長友彩海、本間麻衣、前田彩佳、道枝咲庄司なぎさセンター

これもやんの?ってなって沸いた。

歌詞口ずさみながら香織ちゃん見てたらめっちゃ泣きそうになりました。てか泣いてた。

流した汗の量も誰かが見てるよ

M17その汗は嘘をつかない

はい、追い討ち

セトリ良すぎんか?

MCチーム8の先輩が何人か登場

チーム8太田奈緒、歌田初夏、行天優莉奈人見古都音、?咲友菜、左伴彩佳山本瑠香服部有菜、谷口もかおそらく

M18UZAALLチーム8

8知らないマン故にほとんど誰かわからんかった()

太田奈緒ちゃん可愛かったです。

MC

M19ずっとずっと鈴木くるみ、田口愛佳、前田彩佳、山根涼羽、庄司なぎさ、佐藤美波、道枝咲新チームA

M20転がる石になれ武藤小麟、安田叶、長友彩海新チームK

M21Onlytoday梅本和泉、播磨七海新チームB

M22LOVE修行浅井七海、稲垣香織、山内瑞葵、田屋美咲、黒須遥香、本間麻衣新チーム4

組閣発表後のA、K、B、4で曲中にひとこと。メインステージは新チーム。客席にもメンバー。

この4曲涙腺ぶっ壊れた。転がる石になれの長友さんズルすぎやん。あんなこと言われたら泣くでしょ。

しかも全部大好きな曲だったから最高でした。

M23家出の夜

あぁ、、、組閣ブロック後にあかんて、、、

16期って箱からそれぞれのチームに行くみたいな感じでピッタリよな。千秋楽も号泣不可避()

MC

M24桜の花びらたち

曲終わりに一人ずつコメントを言って客席を通ってメンバー退場

懐かしかった。1人ずつコメント言ってから退場して行くのもそれぞれメンバーの個性出るなぁって思いながら聞いてた。

アンコール

E1ファーストラビットメンバーによるブラスバンド演奏

練習期間1月なかったらしい。

みんなお疲れ様です。

MC

E2抱きつこうか?

これで締めるのもまた渋い。

16期コール良かったなぁ。

影アナ庄司なぎさ

こんな感じですかね?

設定もセトリも演出もどれも素晴らしかった。

香織ちゃんのこと好きになってそこから16期のことも好きになって良かったなって心の底から思えた時間でした。お疲れ様でした。

PSあの日からあなたにLOVE修行

アップル、中国でのiCloudサービスを中露ルールに従い全面移行へ

アップル、中国でのiCloudサービス運営を中国企業に移行へ2018/01/15

Appleは、中国でのiCloudサービスの運営を中国企業に移行させることを先週認めた。この動きの狙いは、2017年6月に中国で施行されたサイバーセキュリティ法に準拠することだという。

Appleの話を引用した中国の報道によると、中国南部の貴州省政府傘下のGuizhou-CloudBigDataIndustryが現地時間2018年2月28日より、中国でのiCloudの運営を担当する。

Appleは1月10日より、中国のiCloudアカウントユーザーに対して、サービス運営の移行についての通知を開始している。中国本土以外で登録されたiCloudアカウントは影響を受けない。

Appleによると、データを中国国内で保管することで、iCloudサービス製品の速度と信頼性も向上するという。iCloudを通して同期され、よく閲覧される情報には、写真や動画、書類、アプリケーションなどがある。

Appleは2017年7月、貴州省政府と覚書に署名した。その際、同社は同省内で10億ドル約1110億円規模のデータセンターを運営することにも同意している。

Appleの動きの狙いは、中国で新たに制定されたサイバーセキュリティ法に準拠することだった。6月に施行されたこの法律では、中国の国民や組織の所有するデータは中国国内で保管し、中国企業がそれを運用することが義務づけられている。

サイバー空間ルール作りで覇権を争う欧米中露の攻防戦--山田敏弘日本政府が蚊帳の外である現実に、政府関係者はもっと危機感を抱くべきなのだが。

2018/01/15

2007年4月27日の早朝。北欧のエストニアで、タリン解放者の記念碑と名付けられたブロンズ像が撤去された。

高さ2メートルほどもあるその像は、第2次世界大戦直後の1947年に、ロシアの占領下にあったエストニアのロシア兵墓地に設置されたもので、ロシア人からは大戦の勝利に貢献した英雄の像として崇められていた。そんな象徴的な青銅像を、欧米寄りのエストニア政府が撤去に乗り出した事実に、エストニアのロシア系住民やロシア政府国民は激怒した。

その直後から、エストニアにはロシア政府主導と見られる大規模なサイバー攻撃が押し寄せた。省庁や議会、金融機関をはじめ、新聞社などのメディア企業、さらに一般企業に対しても、DDos攻撃大量のデータを送りつける分散型サービス妨害攻撃やウェブサイトの改ざん事案などが発生し、通常の200倍とも言われるトラフィックネットワークを流れる情報量がエストニアを襲った。世界的にもデジタル化が進んだ国として知られていたエストニアは、それゆえに、完全に国家機能が麻痺する事態に陥った。

エストニアも加盟国であるNATO北大西洋条約機構は、このロシアの攻撃を受け、NATO条約の第5条に定められた集団的自衛権を行使するかどうかを検討することになった。ロシアのサイバー攻撃NATOとして反撃するかどうかが議論されたのである。

だが当時、サイバー紛争における国際的な取り決めがない中で、NATO諸国は結果的に政治的な理由で集団的自衛権の行使を見送った。

NATOがまとめたマニュアル

それから10年が経った。だが今も、エストニアを襲ったような、国家の絡むサイバー攻撃に対する国際的なルールや取り決めはない。クレジットカード詐欺や児童ポルノといったサイバー犯罪にはブダペスト条約サイバー犯罪条約と呼ばれる国際的な協定が存在する。しかし国家間の安全保障やスパイ行為、テロ破壊行為などにかかわるサイバー攻撃については、今も無法状態だと言える。

ではなぜサイバー犯罪のようにルールが作られないのか。実はルールを作る取り組みは行われているのだが、西側諸国と中国やロシアが対立し、せめぎ合いを繰り広げており、そのために、何らかの合意にいたる気配がないというのが現状なのだ。

例えば中露は、西側諸国の提案するサイバー空間の規範を明確に拒絶。米国をはじめとする欧米に、サイバー空間で主導権を渡さないよう対抗する姿勢を隠さないでいる。

西側諸国と中露の間で、サイバー空間を巡って一体どんな主導権争いが展開されてきたのか。サイバー空間のルール作りで繰り広げられている覇権争いとは、どんな様相なのか。

まずは西側諸国の立ち位置を知るために、10年前のエストニアの大規模サイバー攻撃に話を戻したい。

当時、集団的自衛権を行使しなかったNATOは、事の重大性を十分に認識しており、2008年までにNATOにとって初めてとなるサイバー防衛政策を制定した。その後も2013年、NATOのCCDCOEサイハー防衛協力センターがサイバー空間の紛争においての規範を示したタリンマニュアルという文書を作成した。

このタリンマニュアルでは、現行の国際法をいかにサイバー空間に適用するかがまとめられている。ただこの文書は、現実には、西側諸国の専門家たちが集まってまとめた単なる提案に過ぎないと言っていい。それでも、サイバー政策の歴史的にも重要で参考になる文書として世界的に知られており、2017年2月には改訂版のタリンマニュアル20も公表されている。

挫折した米国と国連の試み

一方で、インターネットの生みの親でサイバー大国と言われ、サイバー空間でも世界的に大きな影響力をもつ米国は、どんな立場を取っているのか。米国は、サイバー空間にも国際法の基本的なルールが当てはまるという見解だ。

この方針は、2011年、当時のバラクオバマ政権が発表したサイバー空間の国際戦略で初めて明確に示された。この戦略で米政府は、米国が敵国からサイバー領域で攻撃された場合は、国際法に則って、外交的、国際的、軍事的、経済的な手段を駆使して対処すると主張している。

また国連も、サイバー空間の国際的な規範を作るべく取り組んでいる。国連は2010年、米国や中露を含む15カ国からなるサイバーセキュリティ政府専門家会合GGEを設置し(2017年には25カ国に拡大)、米主導で国際法を当てはめたサイバー空間の規範を作るべく議論を重ねた。そしてGGEは、これまでいくつかのルールに合意していた。

例えば、意図的に他国のインフラへの妨害行為は行わないことや、サイバー事案に対処する緊急チームを妨害しないこと。さらにサイバー攻撃の捜査をすべての国が協力することや、サイバー攻撃を放った国がその責任を負うサイバー攻撃では他国のパソコンなどを踏み台にする場合が多いため、その領域管理責任、といったものだ。

しかし、この米主導による国連のルール策定の取り組みは、2017年6月に開催された最後の会合で、事実上、崩壊した。と言うのも、これまで一貫して西側諸国が規範策定で主導権を握るのを警戒してきた中国やロシアが、GGEによる最終報告の合意に反発したからだ。

自由なインターネットに反対

実は中露はこれまで、米国主導のルール作りに反対するのみならず、自分たちが独自にまとめた行動規範を国連に提出してきた。その中で中露は、西側諸国が主張している国際法の適用には触れず、サイバー空間のための新しいルールの必要性を主張。また国家が国内の情報を統制する権利と責任をもつべきだ、と主張する。つまり有り体に言えば、国家による独裁的なインターネットの監視や検閲を正当化するという趣旨であり、現行の国際法や人権法とは違う独自の決まりを作るべきだ、と提案しているのである。

中露がサイバー空間を巡って欧米側に敵意をむき出しにしているのは、行動規範についてだけではない。先に述べたサイバー犯罪を国際的に規定するブダペスト条約も、両国は拒絶している。

その徹底した姿勢を見ると、よほど譲れないものがあるのだろうと思えるが、中露側は何を警戒しているのか。

そのヒントは、中国の習近平国家主席の2015年のスピーチにある。習主席は、米国がサイバー世界での主導権を掌握していることに不快感を示唆し、サイバー空間での自由なインターネット世界や、米国のインターネット覇権、そしてインターネットにおける内政干渉を非難する発言もしている。

中国に言わせれば、インターネットの国内での運用を国際的に指導されるのは主権侵害であると、特に米国の影響力を懸念している。またインターネットの影響力と普及率が高まっていることで、欧米流の自由なインターネットの利用を保証する方針は、独裁的な中国やロシアにとっては、政権維持への脅威なのである。

ただ中露が、サイバー空間である程度の発言力を求める理由もわからなくはない。というのも、世界のインターネットのユーザー数からすると、米国が主導してルールを策定するのはアンフェアだ、との見方もできなくはないからだ。現在、世界のインターネット利用者数は中露だけで全体の21に達しており、アメリカは45に過ぎない。またマルウェア不正なプログラムの出元や悪意あるインターネット活動の件数は、中露に引けを取らないくらい米国も多いという事実もある。

いずれにしても、国連のGGEによる6月の会合では、欧米側と中露が決裂。これを受け、米大統領補佐官安全保障対テロ担当のトーマスボッサートは、国連のGGE以外のほかのアプローチを考慮すべき時だ。われわれは同じような考え方の小さなグループと手を組んで、悪事を非難し、敵に責任を負わせていくことになると発言している。

国際的な行動規範を作るはずが、決裂したことでさらに亀裂が深まっていると言っていい。今後こうした取り組みがどこに向かうのか、注目される。

2国間合意で

ただ米国は以前より、必要ならばバイ2国家間での合意を目指すという方針も示している。これはサイバー空間で欧米主導の包括的な合意を望まない中国などのやり方と同じだ。

例えば米国と中国は2015年に、商業的な目的で知的財産などをサイバー攻撃でお互いに盗まないことで合意している。また中国は2017年6月に、カナダとも同様の合意を結んでおり、さらに英国やオーストラリアとも合意に達している。

日本もできればこういう合意を中国と結びたいはずだが、その可能性は低い。中国からすると、サイバー攻撃の能力がない日本とはこうした同意を結ぶ必要がない。なぜなら自分たちが攻撃はしても、攻撃される心配がないからだ。つまり日本はやられるだけ。なんとも情けない話である。

いずれにせよ、こうしたバイの合意も、商業目的のサイバー攻撃に限らず、今後活発になっていく可能性はある。ちなみに中国は、ロシアとはお互いにどんな目的であってもサイバー攻撃をしないと合意している。

歩み寄りの可能性なし

ではロシアは、米国のインターネット覇権をどう見ているのか。もちろん中国と同様の立場で行動規範も国連に提出しているロシアは、インターネットそのものが米主導の危険なツールであるとの見解だ。

そして2017年10月、ロシア連邦安全保障会議は、西側諸国に対抗する独自のインターネットを構築するアイデアを示唆している。というのも、インターネットにアクセスするのに不可欠なDNSドメインネームシステムインターネット上のウェブサイトなどの住所を管理しているシステムが米国の影響下にあるとして警戒しているからだ。

ロシアの言い分では、米政府の一存でDNSからロシアが締め出される可能性があり、そうなればロシアのインターネットが完全に遮断されてしまうとし、BRICSブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカのみが使えるインターネットを作りたいと提案しているのだ。

確かにDNSを管理する非営利組織ICANNInternetforAssignedNamesandNumbersは、発足当初から米商務省が運営に関わっていたが、2016年以降は米国政府の手から離れている。それでもICANNを牽制するその姿勢からは、ロシアが中国同様またはそれ以上に、サイバー空間における米国の主導権にかなり警戒感をもっていることがわかる。

ここまで見てきた通り、近い将来に西側諸国と中露などがサイバー空間における包括的な行動規範などのルールで合意することはないだろう。

引き続き、歩み寄ることのない両陣営の対立は続いていくことになりそうだ。そうしたサイバー世界の国際情勢のなかで日本政府が蚊帳の外である現実に、政府関係者はもっと危機感を抱くべきなのだが。

みずほの佐藤社長が会長に、後任は坂井み

みずほの佐藤社長が会長に、後任は坂井みずほ証券社長4月1日付

つらいときにつらそうな顔をしてはいけないつらいときに、つらそうな顔をしてはいけ

つらいときにつらそうな顔をしてはいけないつらいときに、つらそうな顔をしてはいけません。余計につらくなるからです。つらい顔をしていると、ストレスが何倍も大きく感じるようになります。つらいときこそ、にこにこしながら立ち向かいましょう。そういう状況ではないかもしれませんが、そうするしかありません。つらすぎて泣いてしまうなら、泣きながら笑えばいい。元気が出ないなら、せめて口角をきゅっと上げて、笑顔を作ります。とにかく、つらいときにつらそうな顔をしてはいけない。笑っていると自分は今、つらい状況を楽しんでいると錯覚します。状況はつらくても、脳は楽しんでいるのです。楽しんでいるなら、ストレスは半減します。結果として、ストレスに強くなるのです。サラリーマンを辞めてなにしてるの?自由になれた理由スマホ1台で人生を変える方法ネットワークFXなどではございませんお気軽にメッセージください!今PCもしくはスマホの方はLINEを開いてLINE登録者に限定でスマホ1つでATM化できる情報無料配信中kft9650jを忘れずにスマホの方はワンクリックで追加可能。プロフィール掲載のURL\xA4

ǂ蕕任皀▲唫札構侏茲泙好皀灰皀灰瓮鵐坤侫.奪轡腑鵐瓮鵐坤魁璽悩F詎良顥侫.奪轡腑鵐▲薀侫€璽▲薀機\xBCootdfashioncodemensstylerベイフローrhcロンハーマンビームスマーブルズグッチチャンルークロムハーツファッションコーデいいね宮島水族館広島カフェ神戸ルミナリエ三宮ルミナリエ

貴方のSNSの投稿が資産に変わりますさん(speedengine)がシェアした投稿-Jan142018at10:48pmPST

中国の外貨準備高の裏事情

中国の外貨準備高に関する2つの異なる見立てをご紹介します。

面白いのは、解釈はやや異なるのに、結論がほとんど一緒なところ笑

田村秀男のお金は知っている

外貨準備増は中国自滅のシグナル習近平氏の野望、外部からの借金なしに進められず

中国の外貨準備、対外負債の推移

新聞各紙は中国の外貨準備、3年ぶり増加日経新聞8日付朝刊などと報じた。日経新聞は北京の資本規制によるものと解説しているが、それだけでは習近平政権の窮状がわからない。

中国の外準の増加は外部からの外貨による借金で支えられているだけで、外準が増えることは中国経済の強さではなく、脆弱ぜいじゃくさを物語るのだ。

まずはグラフを見よう。習政権発足後の外準、対外負債の推移を追っている。外準の減少が昨年初めに底を打ち、徐に持ち直してきたのだが、トレンドは2014年後半以来、下向きが続いている。対照的に対外負債は増え続け、昨年9月時点で負債は外準の16倍以上に達する。

1年前と比べた増減を見ると、外準は昨年12月にプラスに転じたものの、15年初めから昨年9月まではマイナス続きだ。負債のほうは16年末から急増し、その一部が外準に流用されている。負債は外国からの直接投資と外債発行や融資に分かれるが、昨年からは外債融資が急増している。直接投資のほうは外資の撤退が相次いでおり、新規投資から撤退分を差し引いた純ベースは黒字を保っているものの急減している。

外部からの投資と言っても、多くは中国や華僑系企業が香港経由でケイマン諸島などタックスヘイブン租税回避地に設立したペーパーカンパニーによるもので、逃げ足が速い。不動産バブル崩壊不安が生じると、途端に引き上げる。しかも、中国系企業は資本逃避の術を心得ているので、当局の規制の網の目をくぐり抜ける。

そこで、習政権はルールに従う日米欧などの外資系企業に目を付け、さまざまな難癖や規則を持ち出し、あの手この手で外貨の対外送金に待ったをかける。

他方で、中国人の海外旅行者はアリババなどのスマホ決裁を利用して、日本などでショッピングする。代金は中国国内の銀行口座から引き落とされて対外送金されるので、それも外貨流出要因だ。安心安全で高品質の日本製品共産党幹部とその家族も欲しいから、購入を規制しない。おかげで、東京や大阪の百貨店や家電量販店、レストランなどはほくほく顔で、スマホ決済を受け入れる店舗が急速に増えている。

おまけに、トランプ米政権の大型減税や米金利上昇のあおりを受けて、中国からの資金流出圧力は高まる一方だ。思い余った習政権は今月からカードによる海外でのカネの引き出しを制限したようだが、中国人にとって対外送金の抜け道はいくらでもある。

こうみると、習氏が日本に対し、アジアインフラ投資銀行や広域経済圏構想一帯一路への参加を懇願する理由がよくわかるだろう。中国は外部からの借金なしには、習氏の野望を前進させられない。

人民元国際化は打開策だが、海外で元の自由市場が生まれると、中国本土の元管理相場が脅かされる。習氏の膨張主義は限界に直面している。日本は一帯一路など手助け無用だ。

産経新聞特別記者田村秀男

引用産経ニュース201811310:00

中華民族の偉大な復興をかかげる習近平政権は外貨準備高を増大させる必要があるが、

対外負債は2016年から急増し、その一部を外貨準備高に充当することによって、2017年は外貨準備高が微増傾向を保った、

対外負債は、外国からの直接投資と外債発行融資に分類されるが、直接投資のほうは外資の撤退が相次ぎ急減し、外債融資が急増している。

他方、爆買いする中国人の海外旅行者の購入代金は中国国内の銀行口座から引き落とされ対外送金されるので、それも外貨流出要因となる。

人民元国際化は打開策だが、海外で元の自由市場が生まれると、中国本土の元管理相場が脅かされるので、その手に踏み出せない。

中国は外部からの借金なしには、習近平の野望を前進させられない。

習氏の膨張主義は限界に直面している。

一方、ロイター通信の記事を要約すると、やや長い要約になりますが、

中国人民銀行中央銀行によると2017年7月末の外貨準備高は308兆ドル約348兆円で、ピークである2014年6月の399兆ドルからは大きく減少を続け、2011年以来の低水準。

かたや、日本の外貨準備の状況は、2017年7月末時点で126兆ドル。ただし、日本の内訳が米国債、各国中央銀行への預金で95が占められているのに対して、中国の外貨準備に占める米国債は11兆ドルと40を下回る。

日本の外貨準備は為替介入などに充当できる資金だが、中国では市中銀行保有する外貨もカウントしているので、実際に為替介入に充当できない資金も含まれていると考えられている。

中国が為替介入へ確実に充当できる資金は米国債保有残高と考えておくべき。しかし、その米国債保有残高は足もとで減少を続けており、予断を許さない状況。

しかも、海外金融機関は中国から資金を引き上げている局面にあり、中国への対内投資額も大幅に減っている。

グローバルフィナンシャルインテグリティーアメリカのシンクタンクによれば、国外へ不正に流出した外貨準備は最低でも1兆ドル以上、最悪のケースで376兆ドルとも試算されている。

いよいよ外貨準備が枯渇するという状況になれば、への支援要請、海外への外貨流出の封鎖などが現実のシナリオとなる。

いずれの場合でも、それに至る前に大幅な元安、それによる外貨建て負債のデフォルトなどが観測されることになる。

前者では様な改革を強要されて名実ともに世界経済の一員になるが、後者の場合では鎖国に近い状況も想定される。

となります。

ここで、アメリカのシンクタンクによって、

国外へ不正に流出した外貨準備は最低でも1兆ドル以上、最悪のケースで376兆ドルとも試算されている

と考えられているようですが、この推定が正しければ、中国の外貨準備高308兆ドルのうち、すでに1兆ドルないし376兆ドルが不正に海外に流出したことになりますから、

中国の外貨準備高は、2017年ベースで、実際には最大でも208兆ドル、下手をするとー068兆ドルのマイナスになっていることになります。

しかも、産経新聞の記事によれば、外貨準備高の一部は既に対外負債によって充当されている

習近平がかかげた膨張主義的な目標中華民族の偉大な復興。

その前途は多難のようです。

日本としては、中国の経済が今後どのように推移したとしても、対応できるように対策を練り、注意深く中国経済をモニターするのが良いでしょう。